治療用機材

水虫というと家ではお父さんのせいだと責められてしまいがちですが、実際は水虫の原因は誰が作っているのかはわかりません。うつしたりうつされたりしないように予防が大切です。 しかし一度水虫になってしまうと薬を使う必要があります。 ドラッグストアでは様々なメーカーの薬が売られています。クリームタイプや液体タイプやスプレータイプやパウダータイプと水虫の状態によって使い分けることが出来ます。またメーカーによっては1日1回塗ればいいという製品もあるようです。 気になる値段はメーカーによって差がありますが、1本1000円から2000円位が相場になっているようです。 水虫は根気よく治療することがポイントになるので継続して薬を使うことが大切です。そのため続けて購入する必要があるので薬にかける金額はもう少しかかkるかもしれません。

水虫の歴史は100年以上にも及びます。世界で水虫が初めて確認されたのが19世紀の終わりごろでした。その原因が真菌であることが分かったのが1910年代に入ってからでした。 昔の人は草履や下駄をはいていたので、それほど水虫になる人は多くなかったようですが、第二次世界大戦後に靴を履く習慣になってからは患者さんが増えてくるようになってきました。現代病の一つかもしれませんね。 薬についても白癬菌をターゲットにした抗真菌薬の研究や開発がされるようになりました。そのため抗真菌薬は目覚ましく進歩するようになってきました。現在では様々なメーカーから水虫の薬が販売されるようになっています。また症状によって液体やクリームなど使い分けることが出来るようになってきました。